FC2ブログ
2014-07-20

久々の更新です


副住職です。
ご無沙汰しております。

今年は…というか、4月からの新年度は4年に1度の行事に加えて、
大きな事業であったり、人事異動の関係で担当している仕事が変わったり、
そして、異動で新しく入ってきた人のフォローをしたり…
個人的にはそんな3~4ヶ月を過ごしておりました。
(個人的には大変な数ヶ月間でした)

お寺の方は、大きな槇の木(地元の方言ではホソバって呼んでます)
の大規模な剪定があったりと、こちらも大きな事がありました。

世間一般では学校は夏休みに入りましたね。
社会人の方はもう2・3週間でお盆休みとなりますね。

去年もそんな気候ではありましたが、
今年もゲリラ豪雨やゲリラ雷雨などがありますね。
そして人出が多くなる時期になります。
事故に巻き込まれたり、巻き込む側にならないためにも、
今一度自分の身の周りに気を配らないといけないですね。


禅語の中に「看脚下」という言葉があります。
「かんきゃっか」と言って、意味は「足元を見よ!」
…そのまんまですね。
お寺の玄関などに小さな立札に書かれて置いてあったりします。

深い意味では、現代ではバリアフリーが取り入れられた造りのお寺が多くありますが、
古くは、外と内を分ける”結界”の意味合いで敷居が高かったりと、段差がお寺の中には多いです。
そこに入る時に「段差あるので、気を付けてください!」っていう意味合いが含まれていたり、

そして、足元に意識を向ける時に物理的に足元だけではなく、
これまでの自分自身を一度振り返ってみてください」といったメッセージも込められています。
スポーツの世界では野球でグランドに入るときや、武道で試合場に入る時には、必ず立ち止まって一礼してから入りますよね?
あれと同じです。
そんなイメージを持っていただければ、わかりやすいと思います。

お盆休みは、本来お盆の時期として先祖供養をするための期間です。
きっと実家から離れて暮らされている方は、帰省されると思います。
その時には、お墓参りをしていただきたいですね。
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する