FC2ブログ
2015-09-24

妙相寺秋季彼岸法要

彼岸花2015

ご無沙汰しております、副住職です。
ブログ見てくださってる方、拍手してくださってる方、ありがとうございます。

さて、シルバーウィークも終わり今日から日常に戻る方が多いようです。
ちょうど彼岸の時期がかぶっていたということもあり、本山では塔頭それぞれの彼岸法要のある23日では、
境内に車があふれかえっていました。

妙相寺では、彼岸の入りと中日に合同法要を行っています。
今年は9月20日と23日でした。

例年、法要の後に布教師様にお越しいただき法話をお話しいただいたり、
唱歌・童謡などの馴染みのある歌をドルチェ会の方や、コール・ミルテの皆さんをお迎えしてコンサートをしていただきます。

今年はの講話の後にコンサートという内容でした。
講話は「東日本大震災の現場の真実」を震災当時に福島市に住まわれていたコール・ミルテのひとり、武石さんにお話しいただきました。
浜岡原発が近くにある私たちにとっては、武石さんが経験されたことが、いつ自分自身が経験することになるのか、不安になりました。常日頃からの備えが必要だと改めて感じました。

講話の後はコール・ミルテの皆さんと一緒に唱歌・童謡を歌いました。
東日本大震災でバラバラになってしまった中学校の生徒と先生の作った曲「群青」も歌いました。

武石さんの講話の後では、歌詞の一つ一つに込められた生徒たちの気持ちを感じることができました。

次回は春の彼岸です。
内容は未定ですが、次回は彼岸前にお知らせできるようにしたいですね。
スポンサーサイト