FC2ブログ
2017-02-03

改めてお知らせ【永代供養】

こんにちは、副住職です。
タイトルにある通りですが、妙相寺の永代供養を改めてアップいたします。
費用等は平成29年2月3日現在での金額を載せております。
浜松市内では同じような永代供養をされている寺院もあります。

妙相寺では3種類の永代供養ペット供養墓があります。
それぞれを簡単に紹介します。
費用=葬儀料+永代供養料+埋葬料(安置料) となります。


永代供養料(60万円~)
※永代供養料には以下が含まれています※
●百ヶ日忌~33回忌までの法要料
●春・秋彼岸の塔婆供養料
●盆・暮供養料
●位牌制作費用(妙相寺に安置する位牌の制作費用です)
注)葬儀料が別途必要です


まず1つ目
永代供養専用墓
これは墓地の一画に専用のプレート墓があり、そのプレート墓に納骨・永代祠堂するという形です。
33回忌の法要後に永代供養塔(墓地内にある慈母観音像に併設)へ合祀します。
プレート墓の大きさによって1~2人用、2~4人用の2種類があります。
【埋葬料】
1~2霊位用 1人:20万円 2人:30万円
2~4霊位用 2人:40万円 3人:50万円 4人:60万円

続いて2つ目
妙相寺納骨壇
本堂内にある「聖観音菩薩雲台座像」に併設されている納骨壇への納骨です。
1つの引き出しには2霊位までの遺骨を安置することができます。
1周忌~7回忌法要まで納骨壇に安置したのち、妙相寺墓地内にある慈母観音像併設の永代供養塔に合祀します。
【安置料】
1人:15万円 2人:20万円 (永代供養塔への埋葬料も含まれています)

そして3つ目
永代供養塔
妙相寺墓地内にある慈母観音像併設の永代供養塔に合祀する形の永代供養です。
【埋葬料】
1人:10万円

関東などの大都市部では納骨壇という形式を取り入れている寺院は多くあると思いますが、
浜松市あたりではあまり見かけない新しい形式の永代供養です。

また、最近は樹木葬という形式がテレビなどでも取り上げられています。
妙相寺には樹齢300年の槇の木が13本もあり、普通の永代供養がそのまま樹木葬になります。

そして妙相寺ではペットの御供養も行っております。
境内の大日堂前にある馬頭観音像に併設する形でペット供養墓を設けています。
ちょうど槇の木の根の間にペット供養墓がありますので、ペット供養墓も樹木葬になります。
【供養料】
遺骨の埋葬…2万円
遺影(スナップ写真)…5千円
※供養料が含まれています

永代供養の詳細については、
必ず当寺院にご相談いただくことが必要です。
スポンサーサイト



2017-01-02

あけましておめでとうございます。

年賀状2017


あけましておめでとうございます。
2017年になりました。

毎年ではありますが、昨年もいろいろなことがありましたね。
オリンピック・地震など…
今年はどのような年になるのでしょうか?

さて、例年1月から京都では「京の冬の旅」が始まります。
妙心寺でも今年は塔頭が2ヶ寺、本山でも一部を公開するようです。
冬の旅2017

今年は1/7~3/18の間で様々な寺院などが公開されます。
寺院の公開は、法要などで拝観不可日が設定されています。
計画を立てらる場合は、拝観不可日かどうかもご確認ください。
「京都市観光協会」のHPで詳細が確認できます。

花園会館では例年の正月準備として門松を設置しています。
2017年は玄関から入ってすぐに見える場所に設置しています。
こんな感じです↓
会館門松2017

今年は昨年と同じかそれ以上のペースで更新していきたいと考えています。
今年もよろしくお願い申し上げます。


2016-10-14

妙心寺派直売店の新商品!

御朱印張1

こんばんは、副住職です。

今回はタイトルの通り。新商品のご紹介です。

妙心寺派直売店で新しいご朱印張が販売されています。
それが↑の写真。

法堂の雲竜図ですね。
これは、直売店の店長のこだわりがたくさん詰まっています。
まずは、ご朱印張の質感ですね。
マットな黒に、表面も高級感のある加工になっています。
御朱印張3
カバーは縦に出し入れできるようになっています。

御朱印張2
カバーとご朱印張本体が同じデザインで作られています。

写真はありませんが、カバーの中はシャンパンゴールドです。
税込¥1620-で販売しています。

もちろんご朱印張の他にも土産にもってこいの商品がたくさんあります。
妙心寺へお越しの際にはぜひ、お立ち寄りください。


それともう一つ。
この間、西本願寺の夜間ライトアップに行ってきました。
西本願寺ライトアップ
スマホで撮ったものなので、やはり粗いですね~
ちょうどこの日は、日中は少し暑い日でしたが、夜は風も少し強めの肌寒い夜でした。

10月は夜間ライトアップをしている寺院がそこそこあるようですね。
妙心寺塔頭の東林院も期間限定で梵燈のライトアップをしています。
なかなか雰囲気のいいものだったような、気がします。

観光に最適な気候になってきましたので、京都観光をするなら今ですよ。

2016-01-10

京の冬の旅、始まってます!

こんばんは、副住職です。

今回もお知らせです。
1/9から京都市観光協会の「第50回 京の冬の旅」がはじまっています。

京の冬の旅では○年ぶり、という非公開寺院や文化財の特別公開がたくさんあります。

妙心寺では、玉鳳院・天球院・霊雲院が特別公開されます。
他にも、相国寺の鳴き龍で知られる法堂や、大徳寺本坊などが公開されます。

公開期間は3/18まで。

場所によっては行事などで拝観不可日になっている日があるので、事前の確認が必要です。
「京の冬の旅」で検索してみましょう!

妙心寺は3連休の真ん中ということもあり、駐車場がほぼ満車になるくらいに、大勢の人が来ていました。
拝観だけではなく、スタンプラリーもあり、スタンプを3つ集めると、市内数か所にあるお茶スポットでお茶が飲めます。

ちなみに、花園会館内にあるレストラン「京料理 花ごころ」もその1つです。

期間中にどこか行くことがあれば、外観や建物を外から撮影した写真をアップします。
2016-01-07

2016年になりました。

2016年賀状


あけましておめでとうございます。
副住職です。

新年も早くも1週間が過ぎました。
本来なら「寒中お見舞い申し上げます」の方がいいかもしれません。

明日1月8日は”初薬師”です。
新年最初の薬師如来の祈祷法要です。

妙相寺にも大日堂に薬師如来をお祀りしております。
午前9時から大日堂にて法要、そのあとに御詠歌の奉詠があります。

よろしければぜひ、ご参加ください!

本年もよろしくお願いいたします。